移動

CITY OF MASTERS

安城について

歴史

  • 安城について
  • 安城の現状
  • 歴史
  • 본문인쇄
  • 트위터 공유
  • 페이스북 공유
  • 카카오스토리 공유
  • 카카오톡 공유
  • 밴드 공유
  1. 三国時代
    安城市は高句麗、百済、新羅の角逐場であった。 4世紀以前には百済だったが、5世紀には高句麗の広開土大王と長寿王の南下政策で高句麗の領土となった。この時、安城は奈兮忽(ネヒェホル)、陽城はサボクホル、竹山はゲチャサン郡であり、6世紀に新羅が漢江流域まで進出し、新羅の領土に編入されるなど、三国の勢力図による変化があった。
  2. 統一新羅時代
    全国を9州に分けたとき、安城は1つの州にに属し、景徳王ときにはベクソン郡に属する県であり、竹山はゲサン郡だった。
  3. 高麗時代
    高麗の初、アンソン県になったが、1018年(顕宗9年)水州(現在、水原)に属し、明宗(1171〜1197年)時代には、ガムム(監務)を置いた。
  4. 朝鮮時代
    1413年(太宗13年)に地方制度を改革して、全国を8道に分割するとき、忠清道から京畿道に編入された。陽城は、京畿道に編入されたとき県監をおいたが、1895年(高宗32年)、地方官制改正時に陽城郡となった。竹山は1413年(太宗13年)竹山として県監をおき、1434年(世宗16年)忠清道から京畿道で移動属され、1543年(中宗38年)竹山府に昇格されて府使をおき、1895年(高宗32年)竹山郡と呼んだ。
  5. 近代時代
    1914年、朝鮮総督府令によって安城・竹山・陽城の3郡を統合、安城郡になり、1937年7月1日に安城邑になった。この時、京畿道にて邑に昇格されたのは、水原、安城、開城の3所だった。1963年1月1日の行政区域改編により、龍仁郡の古三面が安城郡に編入され、1邑12面の法政里の数が193個になった。1983年2月15日の行政区域改編で孔道面、元谷面の一部が平澤郡に編入されることによって、1邑12面188個の法政里に、1987年1月1日寶蓋面陽福里の一部を金光面に、三竹面南楓里・ドンピョン里・ガヒョン里を寶蓋面に編入し、1992年10月1日イジュク面を竹山面に名称変更、1993年4月8日大德面乾芝里の一部、大德面ソヒョン里の一部を安城邑に編入、1997年6月6日大德面茅山里、乾芝里とソヒョン里の一部、寶蓋面ガサ里とガヒョン里の一部を安城邑に編入、1998年4月1日安城市となった。(法律第5458号)3洞12面を管轄したが、2001年6月1日の孔道面を孔道邑に昇格して1邑11面3洞を管轄している。